<< 工藤真人さんの器など | main | 猪狩さんの仕事風景 >>
2014.01.20 Monday

漆掻き 猪狩史幸の仕事展  24日からです。


 

今週の金曜日 24日から猪狩史幸さんの展示会
犲秦澆 猪狩史幸の仕事展瓩始まります。



天気予報によれば…今のところお天気もまずまずとのこと。
週末、東京はちょっと気温が上昇するらしく…
お出かけ日和になるといいなぁと思っています。
予報、当たりますように!


猪狩さんの椀↓

左が新品。右が私のお椀です。
左右比べると、右の使っているほうがほんのり色が明るくて、
木目が透けてみえているのがわかりますか?


「漆は使うことで育つ」といいますが、使って洗って、布で水けを拭いて…を
日々繰り返していると、(塗りによって多少異なりますが)
トロッとしたツヤが増していきます。
私のはまだ9か月しか経っていませんので、まだまだひよっこ。
これからまだまだ狎長瓩靴泙垢茵次


↓窓際で撮影したもの。
左が使っているもの。右が新品。
(自然光にあたって、室内の灯りの下でみるよりかなり明るめに写っています。)



猪狩さんは顔料等を加えないありのままの漆を木地に塗っています。
毎日使っているとわからないのですが、こうして新品と並べてみると、
いつの間にか木地の木目がフワーッと浮きががるようにみえていて…
あ、ちょっと変わってきたな、とうれしくなって…。
漆器を使う楽しみのひとつです。


ちなみに、漆器って扱いが難しいから…と食器棚の奥にしまい込んで使わずにいると
木地が乾燥してかえって傷んでしまうことがあります。

重箱をお正月に使おうと久しぶりに出したらひびが入っていた、
なんてことが時々ありますが、乾燥が原因のことが多いのです。

使うということは…
使ったあとに洗う→洗う=水にあたって湿気が与えられる ということ。
漆器が喜んで長持ちします。
基本的な扱い方をしていれば、使う方がいいことがあります。

仕舞いこんでいる漆器があるなーと思い当たる方は
時々は引っ張り出して使ってあげることをおすすめします。


何かと怖がられて誤解されることが多い漆…
猪狩さんの展示会が漆を身近なものに感じていただける
一つのきっかけの場となればうれしいです。
みなさまのご来店お待ちしております。



IGARILOGO5.jpg

IGARILOGO4.jpg

SN3Q0138.JPG

SN3Q0145.JPG
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
いちょう Instagram ↓
Instagram
田園調布いちょう WEBSITE
image.jpg
Selected Entries
Categories
Archives
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM